カイヤン雑記帳

カイヤンがやったことを書いておいたり、ぼやきたいことを書き込んだりする場所

お返事いただきました

おはようございますまたはこんにちはまたはこんばんは。カイヤンです。

先日の記事について、id:next49様よりお返事をいただきました。ありがとうございます。

next49.hatenadiary.jp

いただいた回答について

「 自分の基準に基づいて何かするのと、その何かしたことが他人に受け入れられるかどうかは別の話だと思います。ですので、私が件のエントリーで嘆いていた話の次のステップのところで苦しまれたのだと思います。 」

「 「みんなが納得する評価基準」=「件のエントリーで言っている『自分の中にある価値の判断基準』=『精神的背骨』」という解釈をされているので、私の主張にひっかかりを覚えているのではないかと思います。 」

「 外に正解がある事柄についてはそれを使って判断をくだせばよいので、知らないこと、正解がわからないことに取り組むときこそ自分の中の価値判断基準が必要だと思っています。 」

どうも『精神的背骨』は『みんなが納得する評価基準』であるわけではないようです。自分の基準に基づいていれば精神的背骨にはなっており、その次のステップとして他人に受け入れられるようにするということのようです。数学だと自分が咀嚼し理解した数学なら『精神的背骨』で、それを用いて出した結論が他人に受け入れられるかは別問題というわけですね。未解決問題にも関わらず答えそのものを文献などで探すのが背骨のない状態で、自分の理解したやり方で自分で証明を書くのが(実は証明として破綻していることがあってもi.e.他人が受け入れないものでも)自分の中の判断基準による解答となるのでしょうか。数学だと数学的に正しいかどうかが外にもあるのでちょっと混乱していましたが、自分の過ちを認めて修正するのが数学だと『次のステップ』に相当するところなのであって、それは別に背骨になっていないかどうかの問題とは別物なのですね。そして外に正解がある(未解決問題の答えは外にないが、その導出過程の中で使う数学は外に答えがある)のであれば、それを使えば良いということでした。

+α

まさかアルファブロガーでしかも相当リアルがお忙しい(と推測される)方からこんなに早くお返事をいただけるとは思いませんでした。誤解していたところも解消しましたし、疑問兼感想の答えも与えて下さり、ありがとうございました。

精神的背骨がところどころ精神の背骨になってましたね私の記事……。気を付けないと。

ではでは。